My hobbyと泥人形

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

技術部の能津です。
私の趣味は「収集」です。記念切手の収集ブームに乗っかり60年、南極観測船・宗谷が初めて航海した時、日本から運んだ記念切手を貼った葉書に、南極郵便局で押印され、送られてきたことが非常に懐かしく思われます。

「ぐい飲み」を収集して、毎晩そのぐい飲みで一杯飲み鋭気を養って50年。愛媛・松山市で開催された学会出席の折、案内していただいた砥部焼のぐい飲みは40年位、毎晩、晩酌の相手をしてくれています。

近年は魚釣りです。会社の同僚に誘われ、海釣りへ乗合船で出かけます。水平線を眺めながら、

更に、朝日、夕日を拝み心を癒しています。勿論、釣果も大事です。近年、魚より釣り人が多いと思われる日々もありますが、中国・太湖のほとりで見つけた泥人形に一目ぼれして購入した泥人形が釣果に大きく影響しているのではないかと一人で想像しております。

この泥人形は、光学顕微鏡で測定したところ、粒径:0.03mm~0.06mmの微粒子の塊で作られており、日本語が堪能な中国人に中国語を訳してもらったところ、人形の名称が楽しく釣り、楽しく飲むとあり、その効用は、[魚と運を得るものに幸あり、そして心広く、悩まずいつまでも幸せに酒を飲もう]と書かれています。今後も、一目ぼれした泥人形の効用を大事にして、仕事に邁進していきたいと思います。

★2019/04/05 by ASAHI FIBER INDUSTRY CO.,LTD.