自動車の将来

car

こんにちは。代表の浅井です。
自動車、子供の頃から憧れだった。早く免許が取れる年齢になって運転したい。16歳で当時の軽免許取得、大学では自動車部でラリー、就職してからもT社のTE27でラリーの草レース。
我々の世代の技術系学生の就職先希望は自動車メーカが一番だった。
自動車メーカは、技術の粋を集めたエンジンを作るのが必須であり、高度な開発能力、加工技術が必要で存在意義は大きかった。しかし、大気汚染緩和で、内燃機関から電気、水素へ。フランス、イギリスは、2040年に内燃機関の販売を中止する宣言をした。自動車レースは、F1、インディーカー、ルマン等があるが、2014年から、電気自動車による、フォーミュラEが始まっている。内燃機関のレースは早晩、無くなるだろう。
日本国、日本の自動車メーカも早々に宣言せねばなるまい。

★2017/08/04 by ASAHI FIBER INDUSTRY CO.,LTD.