当社の煙突

entotsu

こんにちは。代表の浅井です。
当社にあった煙突、1960年に稲沢工場建設時にボイラーの排煙の為に建てられた。高さ100(30.3m)、先端径4(1.2m)と記録にある。当時、羊毛の洗毛工程、加炭工程を行う工場があって、大量のお湯(蒸気)を使っていて蒸気ボイラーと煙突は必須でした。
その後、羊毛の洗毛の仕事は、排水処理規制が厳しくなって処理装置の費用が嵩み撤退しました。煙突はそのまま残っていて来訪者の目印になっていましたが、2013年にかつて羊毛の洗毛工場だった倉庫を解体して、現在の第1製造部のクリーン工場を建設するに当たり、撤去。新幹線からも一瞬見ることができて、古くからのお客様からはシンボルが無くなったねと。当時の建物は事務所だけとなりました。

★2017/10/13 by ASAHI FIBER INDUSTRY CO.,LTD.