繊維製特殊加工品のことなら、わたしたちとご一緒に。

アサヒ繊維工業株式会社
ican

豪華です

kinshachi_yokocho

製造部の伊藤です。
名古屋の観光名所の一つ名古屋城に行ってきました。新しくできた「金シャチ横丁」が気になったので少しぶらついてみました。「金シャチ横丁」には、味噌カツ・味噌煮込みうどん等の〝名古屋めし〟が主体の「義直ゾーン」とおしゃれなカフェやレストランが並ぶ「宗春ゾーン」があります。

ここには金箔がのったソフトクリームがあるとテレビで紹介していたので、「義直ゾーン」に行き並んで金箔ソフトを買うのを待っていたら、一緒に売っている味噌田楽もおいしそうだったのでそれも頼みました。

名古屋だけに豪華なソフトクリームでしたが味よりも金箔が気になってうまく味わえなかったですが、味噌田楽はおいしくいただきました。子供もソフトクリームより味噌田楽をほおばっていたので、生粋の名古屋人だなと思いました。

「宗春ゾーン」にも金箔ソフトはあるので、今度はそちらを食べて味わいたいです。

★2018/08/17 by ASAHI FIBER INDUSTRY CO.,LTD.

自転車通勤とサイクリング

rpt

 

こんにちは。技術部 原 です。
毎日、大変暑い日が続いておりますが、皆様如何お過ごしでしょうか。

実は私、この一年くらい、健康維持を目的に自転車通勤をしております。片道30分、往復で約1時間の道のりです。そんな中、通勤だけでは飽き足らず、長野県の白馬村でサイクリングをしてきました。

ここ白馬村では、今流行りのロードバイクを始め、スキー場の地形を利用したマウンテンバイクのダウンヒルなど、様々なコースを楽しむことが出来ます。私が訪れたのはちょうど水芭蕉が咲く時期でしたが、自然豊かな風景を見ながら、のんびり自転車を漕ぐのはとても気持ちが良いものでした。

皆さんも、たまには自転車に乗って気分転換をしてみては如何でしょうか。
新しい発見が見つかるかもしれませんよ。

★2018/08/10 by ASAHI FIBER INDUSTRY CO.,LTD.

1960年代

abu_reel

製造部の伊藤です。
上の写真はスウェーデンにあるABU社のアンバサダー№5000という釣り用のリールです。
おそらく1960年代に製造されたモデルだと思われます。
性能こそ最新のリールにはかないませんが
現代のリールにはない独特なデザインや質感など、とても魅力的で私の大好きなリールのひとつです。
時々オーバーホールしていますので、製造されてから約半世紀以上経っていますが、いまだに現役です。

私の所属する製造部にも1960年代製のカード機を筆頭に年代物の機械が多数稼動しています。
時々機嫌を悪くする時もありますが、毎日ちゃんと働いてくれます。
メーカーも現在は存在しない物もあるため、交換部品もあるとは限りません。

私の部署には無くてはならない機械ばかりなので、
この先また何十年とがんばってもらうために、リール同様愛情をもって大切に使っていきたいです。

★2018/08/03 by ASAHI FIBER INDUSTRY CO.,LTD.

1970年代のFM放送

radicase

総務部の小林です。
1970年代の頃、FM放送が全盛でした。
その頃のFM放送は視聴者リクエスト番組とか音楽番組が中心でよく聞いていました。

そしてよくカセットデッキでエアーチェック(音楽を録音する)したものです。
よく聞いていた曲は、イージーリスニング・洋楽などでした。

いまでも、夏になるとよく耳にする曲…………

●「夏の日の恋 A Summer Place パーシーフェイス楽団」1959

URL: https://www.youtube.com/watch?v=bz4DOlnh64Y

●「悲しき雨音 Rhythm Of The Rainザ・カスケーズ」1962

URL: https://www.youtube.com/watch?v=3tAm5IRzTdY

●TBSラジオで放送していた「キューピーバックグランドミュージック」のテーマ曲

「ミリタリー・タンゴ アルフレッド・ハウゼ」

URL: https://www.youtube.com/watch?time_continue=14&v=0jhZ8kLyi3w

……試しに聞いてみてください。

★2018/07/30 by ASAHI FIBER INDUSTRY CO.,LTD.

工作機械

machining

技術部の鈴木です。
弊社では生産機械を、私の所属する技術部で設計して、製作し、保守まで行っています。
その際、活躍するのが、旋盤やフライス盤などの工作機械です。
工作機械は、新たな機械を生み出すマザーマシンとも呼ばれ、
生産機械を自社で製作する弊社には、なくてはならない機械です。
これらの機械は、主に金属を加工しており、
繊維を使用したモノづくりを生業とする弊社の中にあって、少々異質な存在となっています。

機械や、私を含めた扱うスタッフも、齢を重ねてきていますので、
いたわりながら末永く使っていきたいなと思っております。

★2018/07/20 by ASAHI FIBER INDUSTRY CO.,LTD.