繊維製特殊加工品のことなら、わたしたちとご一緒に。

アサヒ繊維工業株式会社
ican

14年

asahi_fiber_cn

製造部の松本です。
弊社には、中国の江蘇省無錫市に子会社がありますが、会社設立準備の為、2004年の5月に最初の駐在員が赴任してから、早いもので14年が過ぎております。

14年で思い出しましたが、日本では、14歳を祝う行事として、立志式があります。立志式というのは、中学校行事で体験した方も多いかと思いますが、元服にちなんで、(数え年の)15歳を祝うと同時に、文字通り「志を立てる」儀式です。将来の決意や目標などを明らかにしたり、親に日ごろの感謝を述べたりして、大人になる自覚を深める行事です。

気が付けば、無錫の子会社もこのような歳になりました。

14歳の子供と同じく、14年で大人になったとは言いにくいですが、ここまで継続してこられたことに感謝しながら、日々の生産に努めてまいります。

ちなみに、私も入社して14年が過ぎたところです。
将来を夢見て、格好よく志を立てたいものです。

■無錫浅井繊維精密加工有限公司

★2018/06/29 by ASAHI FIBER INDUSTRY CO.,LTD.

山登り

tado_san

営業部渡辺です。
蒸し暑い日が続いています。今回は、先日行った山登りのご紹介をさせて頂きます。

先週土曜日、弊社から車で約30分の、多度山に山登りに行って来ました。山登り、と言いましても山頂まで約1.6kmのハイキングコースです。日頃の運動不足解消のきっかけとなればと思い立ち、ネットで多度山を検索し、「健脚コース」という登山道があり、挑戦してみました。

1.6kmと掲載されていたので、大したことはないな、と思っていましたが、運動不足の私にとっては、非常に大変な道のりでした。と言っても片道、約50分程度ですが。。未だに両足の痛みが消えません。

大げさですが、登り切った達成感は、何とも言えないものがあり、遠くに伊勢湾を眺める景色も、良かったです。次回はいつになるか未定ですが、どこかの山に、また挑戦したいです。

★2018/06/22 by ASAHI FIBER INDUSTRY CO.,LTD.

ANEX2018 アジア国際不織布産業総合展示会に出展しました。

ANEX_2018_asahifiber

営業部の淺野です。
6月6日から6月8日まで、東京ビッグサイトで開催されていました、「ANEX2018アジア国際不織布産業総合展」に出展しました。

「ANEX2018アジア国際不織布産業総合展」は、米国「IDEA」、欧州「INDEX」と並ぶ世界三大不織布展の一つで、ANEXの日本開催は12年ぶりとなり、海外出展社が約6割強を占める国際展でした。日本の方の来場者も多かったのですが、中国・韓国の方の来場者も多く、中国語、韓国語が飛び交う大盛況な展示会でした。

弊社のブースは展示場の最奥の方で、開催前は多少不安もありましたが、初日から人の流れも多く、今まで、いろいろな展示会に出展してきましたが、今回が一番盛況な展示会だったのはないかと感じました。たくさんの方々に弊社のMFフィルター、MFファイバーをPRさせて頂く事が出来ました。

ご来場いただきましたお客様、有難う御座いました。また、あまり時間を取れなかったお客様もあり、申し訳御座いませんでした。

新しいテーマや、新規のお客様からのサンプル依頼、見積依頼等を頂いておりますので、対応しながら少しでも売上に繋げることが出来ればと思っております。

今後とも宜しくお願い致します。

★2018/06/15 by ASAHI FIBER INDUSTRY CO.,LTD.

2018 AQUATECH CHINA 見学調査

AQUATECH_CHINA

こんにちは。代表者の浅井です。
毎年、上海で開催される水関係の展示会、2018  AQUATECH CHINAに、技術部スタッフ3名と見学調査に行ってきました。

昨年は行けませんでしたが、水関係の業界のトレンドの確認の為に見学を続けています。毎回、衝撃を受けて帰ってきますが、今回は、中国企業の日進月歩の品質向上を再確認。性能は把握していませんが、各種フィルターは綺麗に仕上げられていて、加工機も量産を考えられた機械となっていました。更に、デザインも長足の進歩。家庭用浄水器では、日本、台湾、韓国よりも進んだスマートなデザインで、中国国内のみならず、世界で通用するモノでした。

日本企業は何をすべきか、考えさせられる出張となりました。

★2018/06/08 by ASAHI FIBER INDUSTRY CO.,LTD.

藤まつり

tsushima_fuji_matsuri_01

製造部の伊藤です。

4月の終わりに愛知県津島市の天王川公園に藤を見に行きました。いつもは5月の連休が見頃なので、その頃に行くのですが、今年は10日ほど早く咲いたため、早めに行きました。棚から垂れ下がる藤からすがすがしい香りが漂っていて、リフレッシュ出来ました。また夜にはライトアップされ、幻想的な風景が見られます。

tsushima_fuji_matsuri_02

ボランティアのガイドから教えてもらったのですが、藤は樹齢を調べることができないそうです。なぜなら、藤はマメ科の植物で、幹のように見えるのが「つる」なので年輪のように切ってもわからないとの事です。

★2018/05/25 by ASAHI FIBER INDUSTRY CO.,LTD.