繊維製特殊加工品のことなら、わたしたちとご一緒に。

アサヒ繊維工業株式会社
ican

無錫の霧

china_company

代表の浅井です。無錫の子会社に来ました。
琵琶湖の3.4倍の面積がある太湖が近くにあるからか、無錫辺りは、以前から時々、霧が発生して高速道路が通行止めになったりします。

今回も霧とPM2.5によるスモッグの影響もあるようで、ずっとどんよりした空が続いています。日本も昔はスモッグが大問題でした。

子会社は大気汚染防止の為の設備を付けています。
より良い大気汚染防止用の設備を完備して早く青空が戻ってくると良いですね。

★2018/12/07 by ASAHI FIBER INDUSTRY CO.,LTD.

自社製ファイバーロッドを培地とした水耕栽培の実験:レタスの収穫

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

技術部の能津です。
工場内の一角にあるMF第2研究室内にて自社で製造したファイバーロッドを培地として、水耕栽培を行い、サニーレタスを無農薬で120株収穫し、昼食時に社員と一緒に、ビタミンの補給を行いました。甘みが有り美味しいと評判でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここで、レタスの育成に使用したファイバーロッドの培地は、ニーズ、シーズの情報をもとに、各種原料を調合して5種類作り、原料の違いによる成長度合いを観察した結果、5種類ともレタスは大きく成長し、収穫できました。写真は収穫時の根の成長と生育状態です。土壌栽培と同様に水耕栽培も、奥深いものであると実感しています。

弊社は、水耕栽培用の培地を製造・販売しておりますので、
営業部:渡辺直行  まで連絡をお待ちしております。

 

★2018/10/05 by ASAHI FIBER INDUSTRY CO.,LTD.

世界は目の前に。

global

製造部の松本です。
大坂なおみ選手がテニスの全米オープンで優勝するなど、
日本人の海外での活躍が誇らしく感じる今日この頃です。

大坂選手ほどではありませんが、弊社も海外での活躍を目指して頑張っています。

ここ数年、英文のウェブサイトがきっかけとなり、ヨーロッパ・アメリカ・中国・中東・東南アジアなど、様々な国の人々とメールや電話でやり取りしております。私の英語は、20年も前に学校で習った程度ですが、その都度カタコトでなんとか対応して、これまでやってきました。

つい先週、スペインの会社とSkypeで打合せさせて頂きました。画面の向こうの相手は2人、こちらも社長と私の2人でパソコンの前に座り、22で打合せしましたが、相手の顔を見ながら話ができることと、パソコンを取り囲んで複数人で参加できるのが非常に良かったです。また、チャット機能で文章のやり取りもできるので、英語の聞き取りに不安がある私でも文章で確認することができ、大変助かりました。打ち合わせはうまく()でき、相手は満足のご様子でした。

飛行機で十何時間もかかるスペインでも、Skypeのような便利なツールのお陰で、身近な存在になることを、今更ながら実感しました。

……稲沢の田んぼの真ん中にいながらも、世界は目の前にあります。

★2018/09/28 by ASAHI FIBER INDUSTRY CO.,LTD.

香りと光で癒し効果は抜群!?

fibir_rod_light

営業部 渡辺です。
弊社は、繊維を加工した商品作りを行っております。
その1つに「ファイバーロッド」があります。
ファイバーロッドは、約40年前より生産しており、
マーカーペンのインク吸収体や、芳香液吸上芯、止血用のパッドなどに
ご使用頂いております。

ファイバーロッドは、いろいろな特徴のある繊維を混ぜて、生産することができます。
そこで今回は、蓄光繊維を混ぜて試作してみました。

お部屋の明かりを消すと・・・ほのかに輝きます。
お手持ちの、アロマオイルや芳香液の吸上芯として、いかがでしょうか。
香りと光で癒し効果は抜群!?です。

ご興味のある企業様、販売店様、是非、お問い合わせ下さい。

★2018/09/21 by ASAHI FIBER INDUSTRY CO.,LTD.

極細ファイバーロッド

fiber_rod_20180824

製造部の長谷川です
極細ファイバーロッドを紹介します。

弊社のファイバーロッドは、バインダーレスで成型され外周部だけではなく中心部まで均一に密着して安定した強度を確保しています。原料調合・スライバー加工から、成型加工まで一貫して当社で加工しています。よって、お客様のご要望に応えやすく、きめ細かい対応が可能です。

時にはニーズに応えるべく限界に挑戦していきます。

今回の挑戦は極細ファイバーロッドφ1.5mm」です。従来は極細ファイバーロッドφ2.0mmが限界でそれ以下は難しいと決めつけていましたが要望があるなら、それに応えるべく挑戦を続けました。結果、φ1.8mmに成功して、更に挑戦してφ1.5mmまで成功しました。写真の通り、爪楊枝よりかなり細く見えます。

今後もお客様のご要望にお応えできるよういろんなサイズに挑戦していきたいと思います。

★2018/08/24 by ASAHI FIBER INDUSTRY CO.,LTD.